深夜 その1

深夜です〜〜モッチーです。

出来上がっている状態でのブログが成り立つのかチャレンジしてます〜〜。後で読んで反省します。

ポピュラー音楽の指導に関わっている中でレコード会社等のイベントにはアンテナを立てなければいけないのですが、あまり気にしすぎると沿ってしまうので、付かず離れずぐらいがちょうどいいと思っているのですが、2014年の「閃光ライオット」は、ちょっと関わりが色々あったので記録を残してありました。で、学生指導の距離感の確認として意識しながら、久しぶりにがっつりと酔っ払ったふりをして見てしまいました。で、この時間です〜〜。

とてもレベルの高いこのイベントに参加しているのは高校生たちで、音楽表現を基本ロックにおいています。凄いんです。なんか文句ある〜〜て位表現レベルが高いです。近年のポピュラーのメジャーロックバンドと比較して、どこに遜色があるんだろうと思うくらいの表現です。でも?

なんか観ながらモヤモヤして来たぁ〜って考えていたら、気付いたんです。そーかー。そこかーって。

例えばこのクレバーな高校生たちはこのまま音楽を続けて行くのだろうかなぁ〜。音楽をやってると思いながら実は違うことに気付くよね〜。もうすぐって思ってしまいました。

音楽表現が中途で終わってしまっているんです。考えてるんでもなく当たり前にそこで終わってしまっている。なんで?

パフォーマンスを重視しすぎるから〜です。演劇的表現で終わって行くんです。うそぉ〜〜〜〜なんでそこで止まるの〜〜〜〜って思ってしまう。最初からそこを想定内においているので楽曲が伸びずに途中で置き去りになっているのではないかと思ってしまう。でも最近のメジャーバンド、そんなん多くね〜〜。って思ってしまうのは私だけでしょうかね〜。

田舎育ちの私はライブで騒いでる状況を見るたびに地元のお祭りを思い出します。お祭りです。いいんですけど違いますよね。だったら本気の神輿を出しましょう〜〜よ〜〜。そんなんじゃ勝てませんよって思ってしまう。例えジャニーズの何万人のイベントを見ても。

音楽を音楽として昇華する事を前提としてパフォーマンスが生まれる様方向修正する時期が来ているんだと思います。近年、1曲の力が弱くなっている気がします。できれば、もうお腹一杯ってくらいリキの入った、アルバム一枚聞き切った様な1曲が聴きたいなって思うのは、私だけではないですよねぇ〜〜^o^

高校生たちに力を頂いて、ソロソロ眠りにつきます〜〜。

モッチーでした〜〜^o^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中