コソ練 その1-4

こんばんは〜〜モッチーです。

本日のコソ練終了。一進一退を繰り返しておりますが着実に進んでおります。

トレーニングに使用している楽曲「Room335」のギターソロを完全に忘れてしまっている事が昨日発覚(薄々は気が付いていたが〜〜)。どうせならリズムトレーニングに使用しながら体に入れてしまおうと譜面を捜索。だが職場に置いて来てしまっている事に気付く。仕方がないので耳コピに切り替えてコピースタート。 やはり一度 体に入っていたのでフレーズも聴こえるし、耳コピの方がスケールポジションやフレーズの整合性がよくわかって新たな勉強になりました。前回のコピーより良いポジションでアーティキュレーションも良くなりそうです。

インターは確か3まであったと思いますが、インター1が特にコードトーンフレーズの学びや使用法、またトランス等々のトレーニングにも良いので、今回はインター1だけにして、テンポアップも兼ねてリズムトレーニングに戻りました〜〜。ってコードやメロディもままならないのにソロも加わると「ぎゃー」ってなるのでまたまたテンポダウン。戻ってしまいました。でも、ベンドやスライドで表現しているフレーズのリズム確認をちゃんとしないとリズムに乗れなかったり、フレーズが細かいと逆にリズムに乗り易くなったりと学びの内容も再確認出来て良かったです〜〜。進歩してる感があって良かったぁーと喜んでいるモッチーです。

トレーニングしながらできる事もしよう〜って思い、CDをせっせとハードディスクに取り込んでおりました。

今日は女性ヴォーカルに特化してインポートしておりました。聴きたくなるのをグッと我慢してトレーニングに勤しんでおりました〜って余裕無いんですけどね〜〜。

明日からは実家にてお正月モードに入ります。ブログ書けないかも〜〜。皆さま良い年をお迎え下さい。モッチーでした〜。

コソ練 その1-3

こんにちは〜〜モッチーです。

本日も昨日と同じ感じのメニューで過ごしております〜〜。

ずーっと前に、ここまでは辿り着いていた事を今日思い出しました。、と言うか感覚的には「そこかぁ〜」って気が付いて、その後そのまま先に進まずに放置していた所まで戻って来ました〜〜。全く忘れていました。やってて気が付いて「あ〜〜この感覚知ってる〜〜」って体が思い出しました。やっとこさです。今日はここ迄。この先に進めるかなぁ〜〜。

今回行なっているリズムトレーニングには弾き慣れた楽曲が必要ですので、この間思い出した「Room335」を使用しています。リズムトレーニングやのに、違う練習しそうになって「ちゃうちゃう〜」って戻って、また行っての繰り返しになってしまいますが、その方がリズムの中に入ったり出たりの練習にもなっていいかなぁ〜って、行なっていました。

テーマのコードとメロディを使用していたのですが、これまた、インターのギターソロを全く忘れて居るのに気が付いて、またまた良い課題が見つかりました。しかし手の動きには痕跡が残るもんだなぁと別の関心をしていました。まぁ〜それはまた今度です。

良い時間、結構気に入っています。モッチーでした〜〜^o^

コソ練 その1-2

こんばんは〜〜モッチーです。

本日午前中より夕方まで、昨日より始めたrhythmトレーニングに勤しんでおりました〜〜。「精神と時の部屋」に入ったつもりだったのです。冬眠中で運動不足ですので「丁度良いやー」って、朝昼食事を摂らずにやっていたので集中力も上がり、ガッツリ行きました〜〜。

しかし時間は一瞬、進歩は牛歩です〜〜。まぁ〜しゃ〜無いですね〜。

しかしちょっとは掴んだつもりですのでゴールまで辿りつきたいと思います〜〜。

モッチーでした〜^_^

コソ練 その1

こんばんは〜〜モッチーです。

冬眠生活に入ったんです〜〜。で洞穴の中でコソコソと  普段出来ない様な、時間の掛かりそうな、でも出来る様になると ものっ凄く嬉しいのですが普段は時間が無くて手が付けれない様な事柄を 少しでもかたずけようと、仕事道具を職場から持って帰って来ています。「それって仕事って言うんちゃうん?」って思われるかもしれませんが、音楽人生ですのでこんな時にコソコソとやっつけます〜〜。

って思いながら本日何げにギターを担いでしまい、そのままギター練習に入ってしまいそうになるのをグッと我慢して、「せや、リズムトレーニングしよ〜!」と思い付きコソコソ作業に入る事が出来ました〜〜。

色々なリズムトレーニングがあるのですが、今後ギターだけでなく、音楽基礎としてレッスンに定着させたい内容があるのですが、モッチーが途中で放置している練習方がありまして(ダメじゃん!)いずれ かたずけ無ければと思っていた内容です〜〜。

って ある程度は直ぐに出来る様になるのですが、身体に染み込ませるのに時間がかかります〜〜。年末のコソコソ作業にぴったりです。今日も、一瞬で時間が過ぎてしまいました〜〜。

ほんのちょっとだけの成長を年明けまでに目指してるモッチーでした〜^_^。

世界の音楽 その1

こんばんは〜〜モッチーです。

録画していたABUソングフェスティバルをみていました。


アジアの各国から代表のアーティストが集まるイベントに日本代表で、「きゃりーぱみゅぱみゅ」が今年出演していました〜〜。


改めて「音楽とは」みたいな哲学的な思いを考えながら各国の楽曲を字幕で歌詞を見ながら聴いていました〜〜。ある国ではポピュラーでヘビーメタル楽曲のような表現があったり、中東では宗教色しかない歌詞があったり、中々興味深い楽曲が流れて行くイベントの最後に日本代表としての「きゃりーぱみゅぱみゅ」の出演でした〜。

現代日本のポピュラーの最先端的存在、日本の中での比較的評価と全く遜色のない表現、只々「すっげ〜〜」と感動しました。


政治色や紛争、戦争、宗教、等々。様々なポピュラーを持ち寄っての音楽祭典の中で「日本って?」を見事に表現しているきゃりーぱみゅぱみゅ本人と中田さんの仕込みや歌詞的内容とダンサーのキレッキレの表現とを観て、只々「すっげ〜〜」と感動しました〜〜。現在の日本のポピュラー的感覚がとても正常に働いている事を確認出来たイベントでした〜。

やっぱり日本は色々な意味で先進国です。それを平和の象徴的音楽表現(心からそう有りたいと願う)で感じていられる「こんにち」が 素晴らしいなぁ〜て感じた時間でした〜。楽しい〜〜。

モッチーでした〜^_^。

愛機 その2

こんばんは〜〜モッチーです。

モッチー今日から冬眠です。で、自宅スタジオに潜ったら(地下にあるのでね〜)目が合ってしまいました。クレーマーさんです〜〜。

長い長い付き合いです〜〜。初めて自分で買ったギターです〜〜。って33年かぁ〜〜。すげぇ〜〜。高1の時にバイトでギャラを貯めて買った2本目です〜〜。(初号機は、おかー様に買って頂いたYamaha のSG510でした〜〜)バンヘイレンのヒットでジャパンクレーマーが設立されたばっかりの当時で¥70,000だったと思います。姫路みゆき通り「マエダ楽器」のクニさんにお願いして仕入れて貰ったギターでした〜〜。(当時、モッチーたちバンドマンの集合場所の様な楽器店さんでした〜)

シリアルナンバーがA0122 すげぇ若番です〜〜。

もういじくり倒しました。このギターで色々な事を教えて頂きました。オリジナル時はバンヘイレンと同じリアのハンバッカー一発でしたがフロントが欲しくなってクニさんにボディーを掘ってもらいました。ディマジオのスーパーディストーションだったと記憶します〜〜。(まー今となっては何でも良いんですけどね〜)当時やってた爆風スランプのパッパラーカワイさんのフレーズやコードをこのギターで一所懸命追いかけました〜〜。結局高3までそのコピーバンドをやって、スタジオオーパスの第一回イベントに出場してベストギター賞を頂いたのもこのクレーマーさんでした〜。


プロのギターリストになりたいって思ったきっかけもこの時でした〜。嬉しかったなぁ〜。

フロイドローズもフローティングしてあって、初心者のペーペーギターリストには荷が重く(よーはチューニングすらおぼつかない)これまた クニさんに下げてベタ付にしてもらいました〜〜。ただしこの作業は結構大変で、このギターそこを調整できる様に設計されていなかったので、下げるためにデタッチャブルのボディー側(ボディーとネックのジョイント部分です)を削るって大手術をしました。この部分は大阪に出て来てからも気に入らなくて金谷さんに再調整していただいた覚えがあります。結局弦高調整の為、プラスチックの板を挟んであるんじゃなかったかなぁ。

トーぜんピックアップセレクターなる物も後付です。これも裏から筋堀りして貰って最初はフェンダータイプの3点セレクターを付けたんだったと思います。で後にスイッチタイプにしたので空きっぱなしの穴を、スティーブモーズのアルバムがグラミーにノミネートされた時に付いてたシールがかっこ良かったので、「あやかりたやぁ〜〜」って思いで  そのシールで塞いであるだけです。雑ぅ〜〜。でも好きです。


ジャンボタイプのフレットも当時は新しかった様な記憶があります。「これに慣れてしまったらあんまり良くないでぇ〜」なーんて話しも先輩方から聞いた様な気がします〜。モッチーは今でも太めのフレットが好きです。最近メインの一本をステンレス製のフレットに打ち替えて貰ったなー。


って 見ていくとこのギターからの教えが今に繋がっているんだなぁ〜とつくづく感じております〜〜。「お前、チョットは振り返れよ!」てクレーマーさんが目を合わせてくれたんだなぁ〜。

モッチーでした〜〜^o^

音楽が足りない その3

こんばんは〜〜モッチーです。

カーペンターズはモッチーの中で最高峰のリファレンスです。「青春の輝き」は子供の頃からナンバー1の楽曲です。これは一生動かないです。きっと。


で、当たり前過ぎて皆んな知ってて当然と思ってました〜〜。学生達も。

巷で聴いた事はあっても、世代の違う楽曲を知るのに、学びの意識が無いとガッツリ聴いたりする事は普通無いですよね〜。親が好きとかでない限りね〜。

で、学生にオススメするのを忘れてました〜〜んで、今日女性ボーカルの学生にオススメしたのです。で、時間が少し出来たので今「青春の輝き」を聴いてみよぉ〜って聴いいて、ガツンとやられております〜。

いつ聴いても何べん聴いても、いつも初めて聴いた時と同じようにやられてしまいます〜。

もう一回かけても同じです。ってか さっきより感動します。何なんでしょうね〜〜。音のサブリミナル効果みたいなのってあるんでしょうか?

もうちょい時間が有りそうなので もう一回聞く事にします〜〜。

モッチーでした〜^_^