愛機 その2

こんばんは〜〜モッチーです。

モッチー今日から冬眠です。で、自宅スタジオに潜ったら(地下にあるのでね〜)目が合ってしまいました。クレーマーさんです〜〜。

長い長い付き合いです〜〜。初めて自分で買ったギターです〜〜。って33年かぁ〜〜。すげぇ〜〜。高1の時にバイトでギャラを貯めて買った2本目です〜〜。(初号機は、おかー様に買って頂いたYamaha のSG510でした〜〜)バンヘイレンのヒットでジャパンクレーマーが設立されたばっかりの当時で¥70,000だったと思います。姫路みゆき通り「マエダ楽器」のクニさんにお願いして仕入れて貰ったギターでした〜〜。(当時、モッチーたちバンドマンの集合場所の様な楽器店さんでした〜)

シリアルナンバーがA0122 すげぇ若番です〜〜。

もういじくり倒しました。このギターで色々な事を教えて頂きました。オリジナル時はバンヘイレンと同じリアのハンバッカー一発でしたがフロントが欲しくなってクニさんにボディーを掘ってもらいました。ディマジオのスーパーディストーションだったと記憶します〜〜。(まー今となっては何でも良いんですけどね〜)当時やってた爆風スランプのパッパラーカワイさんのフレーズやコードをこのギターで一所懸命追いかけました〜〜。結局高3までそのコピーバンドをやって、スタジオオーパスの第一回イベントに出場してベストギター賞を頂いたのもこのクレーマーさんでした〜。


プロのギターリストになりたいって思ったきっかけもこの時でした〜。嬉しかったなぁ〜。

フロイドローズもフローティングしてあって、初心者のペーペーギターリストには荷が重く(よーはチューニングすらおぼつかない)これまた クニさんに下げてベタ付にしてもらいました〜〜。ただしこの作業は結構大変で、このギターそこを調整できる様に設計されていなかったので、下げるためにデタッチャブルのボディー側(ボディーとネックのジョイント部分です)を削るって大手術をしました。この部分は大阪に出て来てからも気に入らなくて金谷さんに再調整していただいた覚えがあります。結局弦高調整の為、プラスチックの板を挟んであるんじゃなかったかなぁ。

トーぜんピックアップセレクターなる物も後付です。これも裏から筋堀りして貰って最初はフェンダータイプの3点セレクターを付けたんだったと思います。で後にスイッチタイプにしたので空きっぱなしの穴を、スティーブモーズのアルバムがグラミーにノミネートされた時に付いてたシールがかっこ良かったので、「あやかりたやぁ〜〜」って思いで  そのシールで塞いであるだけです。雑ぅ〜〜。でも好きです。


ジャンボタイプのフレットも当時は新しかった様な記憶があります。「これに慣れてしまったらあんまり良くないでぇ〜」なーんて話しも先輩方から聞いた様な気がします〜。モッチーは今でも太めのフレットが好きです。最近メインの一本をステンレス製のフレットに打ち替えて貰ったなー。


って 見ていくとこのギターからの教えが今に繋がっているんだなぁ〜とつくづく感じております〜〜。「お前、チョットは振り返れよ!」てクレーマーさんが目を合わせてくれたんだなぁ〜。

モッチーでした〜〜^o^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中