世界の音楽 その1

こんばんは〜〜モッチーです。

録画していたABUソングフェスティバルをみていました。


アジアの各国から代表のアーティストが集まるイベントに日本代表で、「きゃりーぱみゅぱみゅ」が今年出演していました〜〜。


改めて「音楽とは」みたいな哲学的な思いを考えながら各国の楽曲を字幕で歌詞を見ながら聴いていました〜〜。ある国ではポピュラーでヘビーメタル楽曲のような表現があったり、中東では宗教色しかない歌詞があったり、中々興味深い楽曲が流れて行くイベントの最後に日本代表としての「きゃりーぱみゅぱみゅ」の出演でした〜。

現代日本のポピュラーの最先端的存在、日本の中での比較的評価と全く遜色のない表現、只々「すっげ〜〜」と感動しました。


政治色や紛争、戦争、宗教、等々。様々なポピュラーを持ち寄っての音楽祭典の中で「日本って?」を見事に表現しているきゃりーぱみゅぱみゅ本人と中田さんの仕込みや歌詞的内容とダンサーのキレッキレの表現とを観て、只々「すっげ〜〜」と感動しました〜〜。現在の日本のポピュラー的感覚がとても正常に働いている事を確認出来たイベントでした〜。

やっぱり日本は色々な意味で先進国です。それを平和の象徴的音楽表現(心からそう有りたいと願う)で感じていられる「こんにち」が 素晴らしいなぁ〜て感じた時間でした〜。楽しい〜〜。

モッチーでした〜^_^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中