機材メンテ その2

こんばんは〜〜モッチーです^_^。

偶然にもお題が続きますが、本日は自分で メンテする方です〜〜。所用のため西宮ガーデンズに行ったのでついでにハードオフを偵察。掘り出し物を探しに行くと本日は あるじゃないですか〜〜!


mavisです。 イシバシ楽器さんがプロデュースしている初心者セットギターです。セット価格¥9,700って感じかな?初心者の生徒さんがよくお持ちのやーつです。

弦は錆びサビ、金属パーツは曇りまくって正しく中古ギターボロってます〜〜て感じで¥3,000プラス税で見切り品の所にありました〜〜。最初の写真を撮り忘れたのですが哀愁が漂っているコーナーです。

しかしながら よく見ると、ピックガードのナイロンも綺麗についてますし隣のボロってるギター(¥3,000が3本ありました〜〜)と弾き比べるとこの人だけチョットまともに鳴ってくれました。サビサビの弦でチューニングをあわせ弾いて居たら1弦が切れてしまいましたがピックアップ周りもキレイでした。値段の下に「少しガリ有り」なーんて書いてあったので確認。アンプに繋いで鳴らしてみましたが全く問題なし。これは面白い〜〜て事で即購入しました〜。¥3,240のお買い上げ〜〜。安っ!

で、すぐこんな感じ。


バラして磨いた後です〜〜。ナイロンも前後ろともキレイに剥がして金属パーツもクロスのみですが磨きました〜〜。


このmavisってギター、これだけしっかり観察したのは初めてでしたが、キレイに作ってます。ベトナム製の品ですが、さすがはプロデュースがイシバシ楽器さんですので、同じクラスの韓国中国等の物より格段に良いです。前回も書きましたがインドネシア製のクオリティも良いです。まぁ〜細かくみて行くと木ネジが歪んでいる等々まだまだ甘いですが、塗装もキレイに仕上がって居ますし価格から見ても超合格点です〜〜。

で、完成。


地下スタジオでサウンドチェック。

最終的に楽器はチューニングが合うかどうかだと思っています。ですのでスタジオで追い込みます。

この手のお安いギターの惜しい所はペグです。ペグさえちゃんと仕上げてくれると格段に良くなるのですが、早くこの値段帯でもペグが良くなるのを期待します。このギターはいずれペグを交換したいなぁ。

トレモロは使わない前提でスプリングを絞り込み、ネックの反りを起こしてビリつきを調整、ブリッジ駒の高さは良かったのでオクターブを合わせるのに何度も弦を伸ばしてチューニングの安定するのを待ちながら調整して行きます。

安定してきました。これで留め具がしっかりしたらもっと良くなります。ピックアップもソコソコな音色をしていてビックリしました〜。

って所で本日は終了〜〜!


いや〜楽しいです。ギターのクオリティが上がって行くのは嬉しいですね〜。

これ趣味にしよ〜〜って心に決めたモッチーでした〜^_^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中