制作サポートその4-2

こんばんは〜〜モッチーです。

本日も卒業アルバムミックスチェックをしておりました〜〜。

音を聴くって難しいんだなぁ〜〜てつくづく感じる事例です。

楽曲制作の段階から関わっている学生楽曲は、ライブや販促CD制作の度にトラックバランスをチェックしているんです。

今日チェックしていた楽曲もそーなんですが、本人が少しずつアレンジを進めていくのでその都度バランスが崩れているんです。新しいトラックのバランスが取れていないのは解るのですが、元のデータが崩れているんです。その都度モッチーは治すんです。

で、今日、また同じ曲のバランスを取り直しておりました〜〜。何回目でしょーか。

聴こえないんです。で、面白いんですが聴こえないから聴こえていないことに気付かないし、このポイントに向上心がうまれないんです。

まず、音楽を真剣に捉え始めた頃に悩む事、の1つに、身体の内っ側に流れている音を外に出せないってのがあります。歌でも内と外の声が繋がって無いって思う人多いと思います。作曲でも頭のイメージと書いたモノが違うって最初は思うモノです。

大体においてミックスバランスが取れない=歌も楽器も音程が悪いと言えます。よーは聴いて無いんです。

只々音楽を聴くしかないんです。それも「ちゃんと」時間をかけて。

ミュージシャンとして、その内容が生活の中心にあるべき筈なのにBGMにしている現実に気付いて欲しいなぁ〜〜。

やっぱりスピーカー環境は持つべきかなぁ〜。全神経を傾けて大好きな楽曲をスピーカーの前で真摯に聴く。小さな音でも良いんです。

当たり前のリスニング環境が無いって、現代って感じやなぁ〜って事で、済まそうと思っていましたが辞めます。やっぱりコレは大事な事です。

みんな、スピーカーを買いましょう〜〜。

なんか変な所に話がたどり着いたなぁ〜。

モッチーでした〜^_^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中