イベント企画その4

こんばんは〜モッチーです。

本日、1年生最後のイベント、DAWコンテストでした〜。


音響のレコーディング専攻、映像音響学科、ミュージシャン学科のオーディションを勝ち抜いた学生を一同に会しての録音制作作品のコンテストです。

ミュージック部門、映像音響効果音の部門、ミキシング部門に分かれて作品を競い合います。

総評として、素晴らしい作品の割合がとても高い!近年1の出来栄えです。先々が楽しみになります。

賞を獲った学生も、惜しくも逃した学生も、真摯的な制作姿勢で、嬉しくなります。

最後にモッチーのギター演奏と北島先生の映像とのコラボデモンストレーションを行いました。


今のモッチーが鳴らせる最高の音を、久しぶりに出せたので、とても満足しているのですが、演った内容が伝わっていない様でしたので、ごめんなさいでした〜。

ゼンハイザーの906で2発のスピーカーを拾い、JBLのパワードイオンにミキサー通しで接続。LR完全に振り切って、疑似ステレオ完成!

906って、PAに通しても、アンプと同じ音がするんです。最高です〜。レコーディングもこれで全然Okです〜。良い音してます。

去年も即興で演奏して、お客さん(学生)を置いてけぼりにしたので、今年は、展開や進行を譜面に起こして、真面目に企画演奏したのですが、またもや撃沈。反省します(泣)

ちなみに何をやったかと言うと、A majorから始めて、E/D  Lydianに行って、E7のBluesからE Mixo Lydian に行って5234のダイアトニックコード展開に進行する。只々Aのone keyでLoopに8小節のバックコードを重ねていっても不協にならないって言うモードプレイを行いました〜。

高い音程のコードから低い音程のコードに展開して重ねていくと、当たり前ですが、Aですので、不協にならないんです〜。

ポピュラリティーを意識して、オーバーザレインボーメロや、ツェッペリンリフとか入れて見たんですけど、撃沈しました。北島先生、ジュディーガーランドの映像流してくれたのにスミマセン。

でも、2年生になったら、理解して欲しいので、楽典授業で再チャレンジ演奏します〜〜。口頭で説明しながら〜〜(笑)

家に帰って、1人反省会しようとしたんですが、ビデオが取れていなかったので、北島先生の映像が見れませんでした〜〜。残念。

モッチーでした〜^_^。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中