ロックリフ!

授業中の何気ない学生どうしの話。「一番心に響いたロックのリフって何〜?」

って会話がモッチーの耳に入って来ました〜。

さて、別に自分が聞かれたわけでも無いのに、「何やろ〜?」って考えてしまいました。古今東西、数あるロックリフ、名だたるギターリストたちが思い浮かびます〜〜。ジミー・ペイジ、エディーバンヘイレン、マイケルシェンカー、大好きなギターリストが頭に浮かびましたが、聴きすぎたのか、何故か音が頭に流れて来ません。「何でやろ〜〜?」と勝手に思いを巡らせて居りましたら、突然思はぬ潜在意識からの楽曲が頭に流れて来ました〜^o^

RATTの「Lay it down」です〜〜。

マニアックな選曲〜〜って自分でも思いました〜。で、久しぶりに自宅にて試聴。かっこいいです〜〜!1985年、高校2年生ですか〜。田舎の少年がギターにどっぷりとハマって、必死に練習していた頃に身体に染み付いているリフです〜〜。また、ギターの音色にやられている感もあるなぁ〜〜。かっこいい音です。カセットテープに合わせて、ウォーレンのギターソロ、必死で練習したなぁ〜〜。

思わぬタイムマシンに乗ってしまいましたが、胸がキュンとなる音でした〜。YouTube にも上がっていましたのでハードロック好きは是非〜!モッチーでした〜〜^o^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中